私たちの科学

Our Science

表面抗原提示

がんワクチン

マラリアワクチン

i-αVLP プラットフォームテクノロジー

VLP Therapeutics の i-αVLPプラットフォームは、ウイルスの表面に相当量の抗原を提示することで、身体を刺激し、特定の病気と闘う抗体を生成することができます。 i-αVLP プラットフォームは、2つの非常に効果的なアルファウイルス(チクングニアウイルスおよびベネズエラ馬脳炎ウイルス)の表面に、合理的に設計された疾患を標的とするエピトープを提示します。当社のi-αVLPワクチン候補には、フェーズI / IIa段階にあるマラリアワクチンや前臨床試験にあるがんワクチンがあります。

免疫システムは、病気から身を守るために働く生物学的機構です。人間の免疫システムは、体内のウイルス、バクテリア、異常な自己組織(がん細胞など)などの異物を検出し、これらの物体を排除しようとするだけでなく、それらを記憶して将来これらの物体から身体を保護できるようにします。ワクチンは、このような免疫システムを利用して、さまざまな病気から私たちを守っています。

従来のワクチンは生きたウイルスを使用して作られていますが、まれに重篤な安全上の問題を引き起こします。従来のワクチンとは異なり、私たちの新しい独自のプラットフォーム技術は、ウイルス様粒子(VLP)を利用して創生されました。 VLP は、その形状は本物のウイルスと同じですが、ウイルスの遺伝物質を持ちません。遺伝物質がなければ、VLP は自己複製できません。これは、VLPが体に提示されると、免疫システムが VLP を異物として認識し、ウイルスに関連する副作用を引き起こすことなく、効果的な免疫応答を導くことが可能であることを意味します。

優れた効果

CHIKV VLP ごとに240コピーのエンベロープタンパク質があるため、各 i-αVLP は、480個の抗原を表面に提示可能です。 この対称性の高い正二十面体の密な抗原の配列は、非常に強力な免疫応答を誘発し、優れた効果をもたらすことが示されています。

確立された安全

従来のワクチンとは異なり、VLP 自体は遺伝物質を含まないため複製能を持たず安全であり、B型肝炎ウイルスおよびヒトパピローマウイルスに対する FDA 承認のワクチンの製造に使用されています。

効率的な生産

VLP Therapeutics は、i-αVLP を効率的に生産する方法を確立しました。

マラリアワクチン

マラリアは依然として世界で最も壊滅的な感染性熱帯病の1つです。マラリア原虫の寄生虫が原因で、感染した蚊に刺されてから人間に伝染し、高熱、悪寒、風邪のような症状、貧血を引き起こします。感染後、寄生虫(スポロゾイト)は血流を通って肝臓に移動し、そこで成熟してメロゾイトとして放出されます。メロゾイトは血流に入り、赤血球に感染して増殖します。最初の症状は通常、感染後10日から4週間に現れ、48〜72時間のサイクルで発生します。熱帯熱マラリア原虫(P. falciparum)は、最も毒性の高い菌株であり、マラリアに関連したほとんどの死の原因となっています。

全体で、推定33億人の人々が、世界中でマラリア感染の危険にさらされています。世界保健機関(WHO)とグローバルマラリア行動計画によると、マラリアは2013年に1億9,800万の臨床症例と584,000の死亡を引き起こしたと推定されています。マラリアに感染しやすいのは、幼児、妊娠中の女性、旅行者などの疾患に対する免疫がほとんどないか、まったくない人です。流行国におけるマラリアの影響は非常に広範囲であり、マラリア流行国は毎年最大1.3%の経済成長低下の危機に直面しており、これは、労働者の生産性の低下、最適でない農業成長、外国投資と観光への意欲の低下、幼児期の学習の障害に起因します。これらすべてで、国内総生産(GDP)に5%〜6%の影響を及ぼすと推定され、これらの国が繁栄する可能性を慢性的に妨げています。

マラリア感染症に対する防御は、主に個人的な感染防御対策、ベクターコントロール、および薬物予防によって達成されています。予防薬と ACT の短期的な予防と治療は効果的ですが、薬剤に対する薬剤耐性株の出現により、ワクチンなどの長期にわたり、より効果的である対策の必要性が高まっています。

マラリア原虫は複雑なライフサイクルを人間と蚊の複数の段階で示すため、ワクチン開発は困難でした。理想的なマラリアワクチンは、蚊からヒトへの初期段階の感染を阻止することにより、完全な防御を誘発するものです。 i-αVLP プラットフォーム技術を利用して、熱帯熱マラリア原虫スポロゾイトの CSP 抗原を標的とする前赤内期に対するワクチン VLPM01 を開発しました。 VLPM-01 は前臨床試験で非常に高い有効性を示しており、第 I / IIa 相臨床試験を行っています。

遺伝子デリバリー

マクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞への目的の遺伝子の送達

新しいがん免疫療法

Replicon プラットフォームテクノロジー

新しいがん治療

VLP Therapeutics のレプリコンプラットフォームは、特定の細胞を標的とする新しい遺伝子デリバリーシステムです。 レプリコンプラットフォームによって導入される遺伝子は、マクロファージや樹状細胞の機能を変化させることを目的とし、その結果、免疫系を活性化して癌細胞を破壊します。 マクロファージおよび樹状細胞は、免疫応答を開始するために重要であることが知られています。 私たちの新しいレプリコン遺伝子デリバリープラットフォームは、現在の免疫療法を強化できる画期的なアプローチです。

ウイルス改変

ウイルス構造の変更

デングワクチン

ウイルス改変ワクチン

構造ベースのデザインを使用してウイルスのタンパク質を改変すると、ウイルスのゲノムなしでウイルスのコアタンパク質を発現させることができます。 これにより、ウイルスのような粒子が作成され、ネイティブウイルスに対する安全で効果的なワクチンとして機能します。 私たちのリードネイティブウイルス改変候補は、第I相臨床試験に入る予定のデング VLP ワクチンです。 デング熱 VLP ワクチンは、前臨床試験で高い中和抗体を誘導する能力を示しています。

デングワクチン

デング熱は、デング熱ウイルスによって引き起こされる蚊が媒介する熱帯病です。世界保健機関によると、これは最も急速に広がっているウイルス性疾患であり、推定で毎年5億〜1億人のデング熱が発生しており、30億人がデング熱流行国に住んでいます。この病気を報告している国の数は劇的に増加し、最近、日本などの非熱帯諸国で100件を超える新たな発症例が報告されています。いくつかのワクチンが現在開発されている間、デング熱を治療するための承認された治療法はなく、予防は現在ベクターコントロールに限定されています。

 

デング熱は、4つの密接に関連するウイルスであるデング熱ウイルス1〜4によって引き起こされます。 4種類のデングウイルスのいずれかによる感染は、同じ種類のデングウイルスの再感染に対する防御を提供するが、他のタイプによる感染に対する防御は提供しないことが示されています。さらに、別のタイプのウイルスによる二次感染は、重症度の病気を増加させるようです。これらの複雑さのため、4種類すべてのウイルスに対して長期的な防御を提供するワクチンが必要です。

 

VLP Therapeutics では、4種類すべての VLP の作成に成功し、現在、動物での検証研究を実施しています。